Archive: 7月, 2018

FXは大変、人に頼らないほうがいい

FXは大変、人に頼らないほうがいい はコメントを受け付けていません。 7月 21st, 2018

FXプラチナファンド・パーフェクトコピーに入会したのですが・・・

買ったモノの常に含み損を抱えるトレードの連続で、買わなきゃよかったです。

含み損は、元本の100%を遂に超え、いつ飛ぶか心配な状況です。

取引しているTITAN FXがレバレッジ率を下げていたのですが、システムの処理能力がアップしたとのことで、タイミングよくレバレッジ率が高くなり、これに助けられているところがあります。これがなければ飛んでました。

そんな中、クロスリティリング社から重大発表があり、使用料を当面無料にすると。

開始から常に含み損を抱えていることもあり、現在、皆大きな含み損状態ですので、負担を考慮したとのことでしした。

ファンドマネージャーライアンの見解は、昨年の相場はこれまでの常識が通用しなかったと。彼はもう終わった人ですね。

大きく相場が反転しない限り、飛ぶのは時間の問題かと思います。このツールの購入は、大失敗でした。

デモトレードと言いますのは、仮想資金でトレードを行なうことを言うのです。300万円など、自分で勝手に決めた仮想のお金が入ったデモ口座を開設することができ、本当のトレードと同じ形でトレード練習ができるというわけです。

FXを進める上での個人対象のレバレッジ倍率は、前は最高が50倍でしたから、「今時の最高25倍は高くない」と考えている方に出くわすのも理解できなくはないですが、25倍だとしてもしっかりと収益を確保できます。

テクニカル分析と呼ばれるのは、為替の変動をチャート型式で示して、更にはそのチャートを踏まえて、今後の値動きを予測するという手法なのです。これは、売買のタイミングを知る際に用いられます。

売買については、100パーセント手間なく完結するシステムトレードですが、システムの再検討は恒常的に行なう必要があり、そのためには相場観を培うことが必要です。

おすすめ→FX自動売買ソフト無料EAトレジャー

FXにおける取引は、「ポジションを建てる~決済する」を反復することです。それほどハードルが高くはないように思われるかもしれませんが、ポジションを建てるタイミングであるとか決済を実行するタイミングは、非常に難しいはずです。

初回入金額というのは、FX口座開設が終わった後に入金することが要される最低必要金額を指します。金額設定のない会社も存在しますが、10万円必要という様な金額指定をしているところも少なくないです。

5000米ドルを購入して持ち続けている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている」と言います。当然ですがドル高になった場合、即行で売却して利益を手にします。

FX口座開設が済めば、実際に「売り買い」を行なうことがなくてもチャートなどは利用できますから、「今からFXの周辺知識を身に付けたい」などと言う方も、開設した方が賢明です。

1日の中で、為替が大きく変わるチャンスを捉えて取引するというのがデイトレードなのです。スワップ収入を狙うのではなく、1日という制限内で何回かトレードを実施して、賢く利益を生み出すというトレード方法です。

日本と比べると、海外の銀行金利の方が高いということで、スワップ金利が付与されるのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差が、FXをする時に獲得するスワップ金利です。

為替の動きを予想する時に不可欠なのが、テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、より大事だと考えられるのは「チャートを見て、将来の為替の動きを予想する」テクニカル分析の方で間違いないでしょう。

デイトレードと申しましても、「日々エントリーし収益を得よう」などとは思わない方が良いでしょう。無理矢理投資をして、反対に資金を減らしてしまうようでは元も子もありません。

デイトレードと言いますのは、スキャルピングの売買のタイミングを更に長くしたもので、通常は3~4時間程度から24時間以内に決済をするトレードだと言えます。

FXで言われるポジションと言いますのは、それなりの証拠金を納入して、スイスフラン/円などの通貨ペアを買ったり売ったりすることを指すわけです。余談ですが、外貨預金には「ポジション」という概念は存在していません。

スプレッドと称される“手数料”は、普通の金融商品と比べると、かなり破格だと言えるのです。正直に申し上げて、株式投資の場合は100万円以上の「売り買い」をすれば、1000円前後は売買手数料を払わされるはずです。