Archive: ‘妊娠と生理痛解消に成功’ Category

男性無精子症原因治療についてと流産原因予防治療のこと

男性無精子症原因治療についてと流産原因予防治療のこと はコメントを受け付けていません。 1月 27th, 2012

男性無精子症原因治療についてと、流産原因予防治療のことをお話していきます。

男性の精子数についての意外な事実がありますが、精液検査を一度受けて、精子の数が少なかったり活動性が悪かったりの原因があると、人工授精治療をすすめられる場合が多々あります。

しかし、精子の生産が1年の時期によって大きく異なるのは、人間以外の動物ではきわめて普通のことです。例えば、人間に近いニホンザルの雄では、夏は精巣が小さくなっていて、組織を調べると、精子の生産が全くなくなっている無精子症の状態になります。

しかし、晩秋になると精子の生産が始まり、交配して春に子供が生まれる、といったサイクルを持っています。女性の流産も寒かったりすると良くないです。

子宮や卵巣・卵管に問題があっても自然妊娠できる方法を探ってみましょう。
自然妊娠法が知りたい。

精巣の中の精子も減数分裂によってできますが、卵子と違って休止期は持たず、思春期以降は常に休まず作られ続けます。

健康な男子では一日に約一億個の精子が作り出されます。

もとは同じ生殖細胞ですが、卵子は運命として、いったん作られると増えることはなく、卵巣の中で眠り続けています。たとえてみれば、冷蔵庫に卵を貯蔵しているようなもので、月に一回ドアを開けて一個を取り出すのです。

妊娠卵子と細胞とダウン症

妊娠卵子と細胞とダウン症 はコメントを受け付けていません。 10月 30th, 2011

私達の体の細胞は分裂を繰り返しながら、たえず新たな細胞に生まれ変化しています。ところが、卵子と神経細胞と心臓の細胞の三つのみは生まれたときの細胞が、分裂しないで、そのまま生涯生き続けるのです。

妊娠卵子の第一減数分裂は、出生時から分裂前期の状況で長い間体止し、排卵前に再開して、排卵前の20時間くらいの間に進行します。

この三種類の細胞のうちで、休みなく働き続ける心臓の細胞は、寿命が一番長いです。心臓の多数の細胞が老化したら一生の終わりになってしまいます。脳細胞は30歳ごろから少しずつ老化が始まります。

ダウン症の70%が卵子の第一減数分裂の異いつもよる事と、35歳を過ぎるとダウン症児の出産が急に増加しているという事は、卵子の老化によって起こる第一減数分裂の異常が、排卵前の染色体異常の基での事を示唆するという事です。

不妊症から立ち直る妊娠法【子宝の知恵しあわせ妊娠マニュアル】

妊娠検査の一つの方法に超音波検査(エコー)があります。

プローブと呼ぶ超音波発信装置をおなかにあてるか(経腹超音波断層検査法)または小さなプローブを院内に人して(経院超音波断層検査法)、子宮や卵巣の状態をみる方法です。

おなかからみる場合は、腸等がじゃまで子宮がみにくいこともありますが、経院超音波では子宮を直接的にみられるので、妊娠五週には、ほとんど子宮内に胎嚢という袋状の構造を確認できます。さらに六週では胎児の心臓の拍動をみることができます。

不妊症の原因の一つである卵子の劣化

不妊症の原因の一つである卵子の劣化 はコメントを受け付けていません。 1月 18th, 2011

最初の排卵が12歳で最後の排卵が52歳とすると、40年で480個が使われるわけです。

初経から閉経まで、元々の500万個の中で排卵に達するのは万に1つと計算されます。別の視点からは眠っていた期間が21年のものもあれば、50年のものもあることになります。

眠り続けた卵子は古くならないかという疑問を持たれる方がいるかも知れません。残念ながらその通りといわざるを得ません。

染色体に異常のあるダウン症の発生確率は母親の年齢が上がるにつれて増加します。これは卵子の老化に原因があると考えられています。父親の年齢には直接関係しません。

精子は常に新しく生み出されているからです。

何が不妊症の原因か

胎児の精巣からはアンドロゲン等が分泌されてウオルフ管等に作用し、男性の性器、男性の性徴がはっきりします。女性ではアンドロゲン等の働きを受けず、ミュラー管は子宮卵管といった女性内性器になり外陰も女性型になります。

胎児の精巣は性の分化に重要ですが、これを取ってしまうとどうなるでしょう。正解はアンドロゲン等が分泌されず、ミュラー管は発達し、子宮や卵管ができるので、女性ということになります。XY女性発症の原理です。

次に精巣が働き、アンドロゲンも分泌されるのに、ホルモンの刺激を受け取る側に異常があるとどうでしょう。この場合は章丸(精巣)女性化症候群といって、粕栄がありなから、ノンドロゲンの作用が働かず、外見上は女性になってしまいます。