Archive: ‘成功する犬のしつけ飼い方’ Category

ミニチュアダックス 飼い方では抱っこを嫌がらせない犬のしつけも必要

ミニチュアダックス 飼い方では抱っこを嫌がらせない犬のしつけも必要 はコメントを受け付けていません。 1月 17th, 2013

ミニチュアダックス 飼い方では、抱っこを嫌がらせない犬のしつけも必要になってきます。

抱っこされることに慣れていない犬は、抱いた時に嫌がって暴れることがあります。抱っこされても、おとなしくしていられるようにしつけておきましょう。

この犬のしつけは、子犬や小型犬を獣医師に診てもらう際にも役立ちます。抱き方が悪いと、犬はいつまでたっても抱っこに慣れてくれません。

ミニチュアダックス 飼い方では、まずは飼い主が正しい抱き方をマスターしましょう。正しい抱き方をしても嫌がる場合は、いうことを聞くように強制的にしつけることも必要です。

柴犬 飼い方で特に犬 しつけ トイレは難しい

柴犬 飼い方で特に犬 しつけ トイレは難しい はコメントを受け付けていません。 2月 10th, 2012

柴犬 飼い方で、特に犬 しつけ トイレは難しいです。

子犬は目覚めるとどうしてもトイレに行かずにはいられません。子犬が居眠りから目覚めたら、すぐに外に連れていって、手順を踏んでください。

犬 飼い方では同じように、子犬は食後すぐにトイレに行き、また遊んだあとにも行きたがることが多いものです。

子犬が食事を終えたあとや道んだあと、興奮した様子が落ち着いたときには、手順をすぐに踏めるように心の準備をしておいてください。

遠藤和博 評判犬のしつけ口コミ感想批判比較「・森田誠・藤井聡・堀川春広」についてまとめてあるサイトのようです。

犬しつけで食糞の光景を目にした

犬しつけで食糞の光景を目にした はコメントを受け付けていません。 12月 20th, 2011

犬しつけを考えていくと、犬が好んでトイレ場と認めるように、家庭内に作ることができます。

逆に、失敗をしている場合には、設置状況をよく見て、どんな点が犬は嫌うのだろうかと考える基本になるのではないでしょうか。

初めて、犬しつけで食糞の光景を目にした飼い主は、愕然とするようです。かわいがっている愛犬が排泄した使を食べているという姿は、まさに仰天行動です。

しかし、犬にとっては別に珍しいことではありません。

子犬はちょっとしたいたずらで、コロコロ転がるので面白くなって遊んでいるうちに口にしてしまったり、また、不足している栄養素を補うためとか、なぜ食べるかということはさまざまな説がありますが、食事が足りないから食べるということではありません。

「本当のところ誰も犬になったことがないのでわかりません」と、いうぐらい気楽に考えましょう。

 

チワワ 飼い方やトイプードル 飼い方について

チワワ 飼い方やトイプードル 飼い方について はコメントを受け付けていません。 10月 20th, 2011

チワワ 飼い方やトイプードル 飼い方についてお話します。

年老いた小型犬では、インスリン産生性豚臓腫瘍ができる事があり、そのせいで低血糖状況になります。

食餌の不足により低血糖状況になった子犬が錯乱したり弱ってきたときには、蜂蜜やシロップや砂糖水を与えるのみで問題を解消できる事があります。

インスリンを投与しすぎた為に弱ってきた犬は、砂糖をすぐに与えれば、症状の悪化を防ぐ事ができます。糖尿病の為にインスリン治療を行っている犬は、食物とインスリンのバランスが崩れると低血糖になります。けれども、初期の徴候を見逃さず、虚脱や発作が起こる前に与えなければ効果はありません。

インスリン産生性豚臓腫瘍ができた老犬でも同等です。与える量は犬のサイズによって異なります。小さな犬であればは少量ずつ犬さじ1杯くらいを与えれば十分であり、大型犬ではさらにたくさん与えます。意識がないときには、犬に口から物を与えてはいけません。

低血糖症の原因は数点あります。小型犬の子犬、特にチワワ・トイプードル等は、たとえ短い時間であっても食餌をとらずに動き回っていると、簡単に低血糖状況になります。

犬の容態が安定したら、獣医師に検査してもらったほうがいいでしょう。低血糖症であれば、応急処置が功を奏します。

犬のしつけ教室は止めよう
犬 しつけ 吠える場合の対処。

犬のしつけ散歩と無駄吠え防止の方法

犬のしつけ散歩と無駄吠え防止の方法 はコメントを受け付けていません。 9月 24th, 2011

犬のしつけ散歩と無駄吠え防止の方法です。

犬を座らせ、カラー(首輪)の部分を片手で押さえ、もう一方の手の平を犬に向けながらマテ、マテ」と言い犬が立ち上がらないようにします。

まず、一歩前に出て動いてみます。犬が立ち上がろうとしたなら、すかさずカラーに添えた手で犬を押さえるように力を入れて、立たせないようにします。

「マテ、マテ」と言いながら、カラーの部分に手を添えて犬が立ち上がらないようにしながら、犬の周りを回てみます。

犬は人が前にいる時には比較的立ち上がることは少ないのですが、後ろに回った時には、散歩でおいて行かれると感じ不安になり、立ち上がって無駄吠えする場合があります。

「マテ、マテ」と優しく声をかけながら体(背中)をなでてあげるのもよいでしょう。